大和ハウスグループ、賃貸物件向け電子書籍サービス開始 | 住宅産業新聞

大和ハウスグループ、賃貸物件向け電子書籍サービス開始

大和ハウスグループの大和リビングマネジメントとデジタルコンテンツの配信などを手がけるメディアドゥは、大和リビングマネジメントが管理する賃貸住宅の新規契約物件を対象に、電子サービス「D‐room Books」の提供を8月26日から開始した。
同サービスはマンガや雑誌、絵本の電子書籍7千冊以上をスマートフォンやタブレットを使って1日30分、無料で読めるというもの。新刊や新作も随時追加する。
賃貸物件入居希望者の誘引を狙い、契約数の増加や解約率・空室率の減少につなげる意向だ。サービス開始はAndroid端末向けが先行するがiOS端末向けも近日中に開始される。

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)