オープンハウス、「出口」明確化と週単位の値決め

好調な販売を支えているのは、物件供給の「出口」である想定購買層についての明確な設定と、市場環境および現場から吸い上げた情報を考慮し販売価格を週単位で見直していること――。オープンハウスの荒井正昭代表取締役社長は22日に行った2015年9月期第2四半期決算説明会の中で、消費税増税の反動減から同業他社が本格的に回復しないなか、同期の新築一戸建住宅分譲・土地分譲・建築請負で好調な販売実績を上げた同社の経営戦略の一端を明らかにした。また、今後の方向性として「(エンドユーザーに)立地と価格については満足してもらっているが、本当の意味の顧客満足度の向上にこれから取り組んでいこうと思っている」と発言、立地・価格以外に顧客満足度の視点でもエンドユーザーにアピールし、さらなる販売増に結びつけたい考えを示した。

2015年05月28日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)