国交省、新築の瓦屋根はガイドライン工法を義務化に=瓦屋根の告示基準改正 | 住宅産業新聞

国交省、新築の瓦屋根はガイドライン工法を義務化に=瓦屋根の告示基準改正

現行基準とガイドライン工法の違い現行基準とガイドライン工法の違い

国土交通省は、瓦屋根について建築基準法の告示基準を改正する。これまで業界団体が独自に、告示基準を上回るようなガイドライン工法を策定し、強風に備えた施工を進めてきており、このガイドライン工法を基準とする。

2019年に千葉県・房総半島を襲った台風が、屋根・瓦を吹き飛ばして破壊するなどの被害を多く出したことが背景にある。昨今の自然災害の激甚化、多発化を鑑みて改正に踏み切る。

新築ではこの基準を義務付けるため告示を改正するが、増改築の際でも既存建築部分にさかのぼっては適用はしない。さらに今後、屋根ふき材の改良・研究などが進めば、住宅性能表示制度に屋根ふき材の耐風等級を追加する方針だ。

2020年07月30日付5面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)