夏場の省エネ・節電に通風関連商品が充実=パッシブデザインを提案 | 住宅産業新聞

夏場の省エネ・節電に通風関連商品が充実=パッシブデザインを提案

風を有効に利用することで夏場の省エネ・節電につなげる通風関連商品が充実してきた。部品メーカーは、家庭のエネルギーを管理するスマートハウスとあわせて、自然の風を活用する「パッシブデザイン」を提案する。

YKKAPは、夏の朝や夕暮れ時などの過ごしやすい時間帯に涼を楽しむことができる空間提案商品「網戸テラス」をリニューアルした。室内のエアコンを消して、網戸テラス空間で過ごすことで50%以上の節電効果が期待できる。

網戸テラスは、テラス屋根の開口部3方向に、屋外用大型上げ下げロール網戸をセットしている。網戸が虫の侵入や外からの視線を遮り、屋内の延長として屋外空間を活用できる。建物側の窓を開放することで、風の通り道をつくる。

2012年6月7日付け6面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)