LIXILが仙台に旗艦ショールームをオープン、住宅復興早期実現と住生活の質の向上へ | 住宅産業新聞

LIXILが仙台に旗艦ショールームをオープン、住宅復興早期実現と住生活の質の向上へ

LIXILは、金沢に続く2ヵ所目の大型統合ショールーム「LIXILショールーム仙台」(宮城県仙台市青葉区中央4―6―1住友生命仙台中央ビル)をオープンした。

打ち合わせスペースと商品展示スペースの間に、住まいの困りごとを気付かせる体験コーナー「カイテキ・ラボ」を配置。住まいに関する相談から機器の選定まで、ニーズに合わせて的確なアドバイスを行えるソリューション提案型ショールームとした。東北エリアの旗艦ショールームとして、本格的な住宅復興の早期実現に貢献するとともに、住生活の質の向上を見据えた。

東北地域初の大型ショールームとなった同ショールームは、2011年4月のLIXIL発足後、仙台市内に点在していた3つの小型ショールームを統合し、住生活グループが扱うすべての商品、ソリューション、情報を集積した。JR仙台駅西口から徒歩10分圏内にショールームを構え、東北全域からユーザーを迎える体制を整えた。東日本大震災から1年が経過し、本格的な住宅復興需要が高まりつつある宮城県内の住民のほか、本格的な住宅復興が不透明な岩手、福島などの住まいや暮らしに関する相談に応え、東北エリアの本格的な住宅復興の早期実現に貢献する。

2012年3月29日付け6面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)