TOTO、スイスイ設計の新キッチン『クラッソ』 | 住宅産業新聞

TOTO、スイスイ設計の新キッチン『クラッソ』

TOTOは、作業スペースをキッチンの中心に置くことで、使いやすさと作業効率を追求した「スイスイ設計」の新システムキッチン『CRASSO(クラッソ)』を8月2日に発売する。

クラッソは、水栓のシャワー幅を広くして洗い物やシンクの汚れを“ほうき”のように流せる「水ほうき水栓」や、排水口の位置をシンク奥の隅に設置してゴミがシンクをすべり降りるように流れる「すべり台シンク」など、同社独自の機能・要素を盛り込んだ。

ほかに、フィルターのない35ミリの薄型フード「ゼロフィルターフード」や、高さが変えられる内引き出し収納「らくプル親子収納」、小物の収納に便利な「パックンポケット」などを用意している。

扉は全65色、取っ手は7種をラインアップした。なるべく価格を抑えたい人向けに基本機能のみに絞ったシンプルプラン(価格は約49万円から)から、使い勝手やデザイン、機能を高めたハイエンドのスタイリッシュプラン(184万円から)まで、ユーザーニーズに応じた幅広いプランニングをクラッソ1シリーズで実現する。

また、クラッソの発売に伴い「キュイジア」、「レガセス」、「スタイルF」の3シリーズで展開していたTOTOのキッチンブランドは、クラッソに1本化される。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)