ナイス、カネカの太陽光創電システムの取り扱いを開始 | 住宅産業新聞

ナイス、カネカの太陽光創電システムの取り扱いを開始

ナイスは、カネカの住宅向け太陽電池(カネカ太陽光創電システム)の取り扱いを開始した。同システムは、新築または既設の屋根の上に設置する据置型と、薄膜シリコンが屋根材と一体化した平板瓦一体型の2タイプがある。両社は、カネカが開発した外断熱・二重通期工法「ソーラーサーキット」を販売する合弁会社の設立や、カネカグループの建築資材販売会社が取り扱う断熱材の販売供給などで協力体制を築いてきたが、太陽電池製品の販売を加えることで更なる関係強化を図る考えだ。ナイスは、取引先建材販売店を通じて全国の工務店に対して、カネカの太陽電池製品の導入を積極提案する。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)