リンナイ、専用無水鍋単体販売の新施策=専用調理器具、普及帯にも拡大

リンナイ(愛知県名古屋市、内藤弘康社長)は2月1日、同社の普及帯ガスコンロ製品での使用を想定したアルミ鋳物製無水調理鍋「Leggiero(レジェロ)」を発売した。

従来同社は調理器具を高級帯製品のみに価値を高める目的でオプションでラインアップしており、普及帯の使用を想定した単体販売は初。販売はガスコンロ製品販売店のほかホームページの直販コンテンツを活用する。

普及帯での使用を想定した専用調理器具を単体販売する理由は「ボリュームゾーンの普及帯製品をご利用する方たちにも、おいしい食事を毎日手間なく準備する機会をご提供するため」と説明している。

開発は、無水調理が同社の専用アプリ「プラスアールレシピ」で評価レビューが高く、調理時に水を使用しないため素材本来の味を楽しむことができるとして近年人気が高まっていることに着目したことがきっかけ。

「スタイリッシュさと軽さを兼ね備え当社独自の技術と高い加工精度で実現」(同社)し一般販売することで、エンドユーザーの同社製ガスコンロ製品全般の購入インセンティブを高めることを狙いとしている。

2022年01月18日付4面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)