◎LIXIL、新領域開拓を目指し第3弾=宅配荷受け「アトモ」発売=「Makuake」でテストマーケティング、「OKIPPA」の一部システムを採用◎ | 住宅産業新聞

◎LIXIL、新領域開拓を目指し第3弾=宅配荷受け「アトモ」発売=「Makuake」でテストマーケティング、「OKIPPA」の一部システムを採用◎

LIXIL(東京都江東区、瀬戸欣哉社長)は16日、(1)バッグで宅配荷物を収納(2)収納前のバッグは玄関ドアに付けるコンパクトサイズのボックスに収納――が特徴の宅配荷受け製品「ATMO(アトモ)」を発売した。製品の開発は新領域のビジネスモデル開拓を目的に2019年に同社内で設立された事業部門ビジネスインキュベーションセンターの第3弾プロジェクトで、製品化に際しバッグ利用の宅配荷受け製品を販売するYper(東京都渋谷区、内山智晴社長)と協業した。販売はテストマーケティング事業を展開するマクアケ(東京都渋谷区、中山亮太郎社長)が、同社の通信販売サイト「Makuake」で「応援購入プロジェクト」としてエンドユーザーに直販する。LIXILは既存商流では把握できないニーズと新たな商流の開拓を模索する。

2021年02月25日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)