◎住設ショールームに旺盛な来場意欲、タカラスタンダード「大幅な伸び」、LIXIL「予約溢れる」と=完全予約制で来場6割減◎ | 住宅産業新聞

◎住設ショールームに旺盛な来場意欲、タカラスタンダード「大幅な伸び」、LIXIL「予約溢れる」と=完全予約制で来場6割減◎

新型コロナウイルス感染拡大による大手住宅設備メーカーへの影響は、ショールームの臨時休館が痛打となった。各社はいずれも、利益率と金額が新築向けより大きくなる既存リフォーム向け販売の規模拡大を最重要施策に掲げており、そのビジネススキームでショールームは「集客」と「見積り」という2つの決定的な工程を受け持つ場として機能しているからだ。臨時休館措置解除後のタカラスタンダード(大阪市城東区、渡辺岳夫社長)とLIXIL(東京都江東区、瀬戸欣哉社長)のショールームへの来場意欲は旺盛となっている。両社のショールーム運営の現状を取材した。

2020年08月20日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)