カツデンアーキテック、島根益田工場7月に稼働=西日本でも製販一体展開へ | 住宅産業新聞

カツデンアーキテック、島根益田工場7月に稼働=西日本でも製販一体展開へ

完成予想イメージ完成予想イメージ

カツデンアーキテック(東京都台東区、坂田清茂社長)が島根県益田市で建設中の島根益田工場が2月に上棟した。6月12日に竣工・引き渡しを行い、7月に稼動させる。

10月には関係者を現地に招き、改めて竣工式を執り行う予定だという。

島根益田工場は同社初となる西日本の生産拠点で、同工場からの製品出荷は近畿西部から中国、四国、九州(南部を除く)までのエリアをカバーする。

同社は2025年度に昨年度18億円だったスチール階段事業の売上高を約2倍となる35億円に拡大させる方針で、その際に島根益田工場はスチール階段事業売上高全体の26%にあたる9億円の創出を計画している。

2020年03月05日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)