大建工業、合弁テーオーフローリングの事業開始=公共・商業向け売上高拡大へ寄与

中央が荻原正康社長中央が荻原正康社長

大建工業(大阪市北区、億田正則社長)は1日、同日付で事業を始めた公共・商業施設向けムク・厚単板フローリングの製造販売と施工を行う合弁会社「テーオーフローリング」(東京都練馬区、荻原正康社長)の事業方針を発表した。

テーオーフローリングはテーオーホールディングス(北海道函館市、小笠原康正社長)のグループ会社・テーオーフォレストのフローリング事業を引き継いだもので、出資比率は大建工業とテーオーホールディングスが共に50%、社長は大建工業出身。

大建工業は新会社設立で従来は無かったムク・厚単板フローリング製品とその材工一式の販売能力を持つこととなった。

18年度実績で211億円だった公共・商業建築向け売上高を21年度に約5割増とする計画の達成に新会社の戦力を寄与させる。

2019年11月07日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)