パナソニック・エコソリューションズ社、水回り最上位製品のブランド統一=システムキッチン・システムバス・洗面化粧台「L-CLASS」立ち上げ

パナソニック・エコソリューションズ社は6月、システムキッチン・システムバス・洗面化粧台の最上位共通ブランド「L―CLASS」の商品群を発売する。14日に発表した。従来は個別に展開していたブランドを一本化、商品群の世界観を統一しデザイン面の連携とブランドの訴求力向上を図る。ターゲット層は築20年前後の既存住宅を所有する50歳代後半のシニア層。システムキッチンは高級家具のイメージの訴求として、有機ガラス系人造大理石のカウンタートップと、天板の厚みにスリムタイプの17ミリ厚を初採用したほか、業界初となる電波センサー式水栓を組み合わせた。「L―CLASS」を軸とした中高級品売上高として2018年度に250億円を目指す。

2016年04月21日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)