2015年2月19日(第1750号)/2014年10~12月大手戸建て受注速報

主なトピックス
2014年10~12月大手戸建て受注、7社中5社がプラスに/人と地球にやさしい家を=住友林業が住まい博/住宅着工ランキング=長野、4月に省エネ性検討義務化/LIXILグループ、フラット35取り扱い本格化/フラット35Sの省エネ等級4は4月まで

連載
コラム「ひと」=ビズ・クリエイション代表取締役の初谷昌彦さん/都道府県別着工ランキング=29、長野県(住宅産業研究所・布施哲朗)/住宅トラブル対応作戦=43(弁護士・石川利夫)/ベトナム街と郊外(3)

掲載記事一覧
積水化学「スマートハイム」ZEH達成率7割/住友林業、エネファーム導入全邸に停電時発電継続機能付き/積水化学新社長に高下取締役昇格、3月1日付けで/住友林業の邸宅PJ第二弾で名古屋にモデル/大成ユーレック、賃貸M用モデルルーム/長谷工リフォーム、三鷹に戸建住宅コンサル拠点/パナG3社と河合町「かわい浪漫PJ」始動/セキスイハイム14年電力量収支実邸調査/積水化学トップ交代、変革と成長の第2ステップ/15年の近畿圏分譲M供給、2万4千戸に/「平成26年度住宅リフォーム推進フォーラム」開催/大和ハウス工業「2014年日経優秀製品・サービス賞」/トヨタホーム・男子プロゴルファーの上井邦裕選手とスポンサー契約/住友林業、名古屋で「住まい博」/ポラスグループ・中央住宅、松戸市の少子高齢化対策で新築分譲「オランジェ新松戸」が評価/ナイス、横浜で戸建分譲全棟をCASBEE横浜A以上と長期優良住宅で供給/建築技術支援協会、リフォームのWEB講座を開講中/日本木造住宅産業協会、木造住宅検査員WEB更新講習が好評/飯田グループホールディングス、販売増も在庫処理で利益減/桧家ホールディングス、中計で注文3割増の3千棟目標/IHクッキングヒーターのグリル=「おいしさ」を追求/TOTO、水環境基金の助成団体を決定/省エネ住宅ポイント制度のサポート体制充実/UR賃貸とイケアのコラボ全国へ拡大/「フラット35S」省エネ等級4の申請、3月末まで/国交省、16日に省エネ住宅ポイント事務局を開設/空き家のサ高住化で省令改正案/1月の首都圏不動産流通動向、中古戸建て成約数12ヵ月連続増/日管協と日新火災が高築年マンション向け火災保険、マン管士が無料診断/住宅金融支援機構、14年度民間住宅ローン借換実態調査を公表/旧住宅エコポイントが累計3429億円相当

決算
飯田グループホールディングス2014年10~12月期、ノーリツ2014年12月期、立川ブラインド工業2014年12月期、長府製作所2014年12月期

関連するキーワード

こんな記事も読まれています

最近の紙面

過去の紙面

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)