2015年2月26日(第1751号)/住改善キャンペーン

主なトピックス
パナホーム、ASEANに事業統括会社/ヤマダSXL・松田社長、原点回帰でV字回復を/桧家HD、新築で地場不動産業者と連携強化/タカラスタンダード、2020年に売上2千億円・利益1割目標/5月に「特定空家等」ガイドライン

連載
コラム「ひと」=有料老人ホーム介護情報館館長の中村寿美子さん/都道府県別着工ランキング=30、和歌山県(住宅産業研究所・布施哲朗)/住宅トラブル対応作戦=44(弁護士・石川利夫)/転換点を迎えた火災保険・地震保険=9(生活設計塾クルー・清水香)/ベトナム=街と郊外(最終回)/「夢創造──住の新世紀」(住宅・不動産ジャーナリスト伊能肇)=70

住改善キャンペーン
2015年の住宅市場・政策展望=業界匿名座談会

掲載記事一覧
三菱地所、賃貸事業を三菱地所レジデンスに移管/住友不動産、岡崎に新築そっくりさんモデル/住展協など調査、総展来場者の6割、戸建て志向/東急コミュニティー、電鉄系のM管理事業譲受/14年のマンション供給2割減、不動産経済研/ミサワホーム、高崎に「スマートスタイルS」モデル/三菱地所ホーム、新社長に地所レジデ広島支店長の加藤氏/住林ホームテックに岐阜市が景観賞表彰/大京、上大岡のMで電子掲示板採用/大和リビングマネジメント、合弁でIT系の企画会社/伊藤忠都市開発「クレヴィア小竹向原」が1ヵ月半で完売/小田急不動産とコスモスイニシアがリノベマンション/グランフロント大阪が訪日外国人向けWi-Fiサービス/新昭和の注文住宅「ウィザースホーム」、来年度「フルパネル」採用率5割へ/WASC基礎地盤研究所の第10回基礎塾、3月から開催/木住協経営セミナー、企業成長「強い現場力に」と/暮らし創造研究会、研究成果進ちょく報告/億田正則大建工業社長、観光や医療に可能性/14年の石膏ボード出荷量、5億2千平方メートル/パナソニック、困り事解決する子会社設立/ノーリツ、システムバスを2ブランドに統合/すまい給付金と復興給付金の1年半延長、閣議で正式決定/機構団信のクレカ対応拡大、顧客の要望受けて/国交省のインスペクション補助、聞き取りで要件検討/空き家対策条例の制定、全国400自治体で/住宅・宅地分譲業業8期連続でプラス、前回より悪化/Rバンク、新高円寺の築45年木造戸建て物件で初のDIY賃貸化

人事・機構改革
LIXIL

関連するキーワード

こんな記事も読まれています

最近の紙面

過去の紙面

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)