2021年12月2日(第2068号)/マイクロドローン、社会実装へ検証進む=建築研究所、日本建築ドローン協会など

主なトピックス
積水ハウス、生物多様性関連データを公表=取り組みを大きなうねりに/楓工務店の定額制注文住宅「クミエ」、形状一定で価格透明化=販売1年で施工住宅の20%に/ウッドステーション、ウッドデザイン賞の優秀賞受賞=「社会提案性のある取り組み」が評価/21年度補正予算、子育て世帯・若年夫婦世帯向け住宅支援、リフォームも/パナソニック、「空間見える化ソリューション」の販売開始

開口部特集
住宅用窓シャッター提案、「台風対策」の有効性続く/〝住宅の顔〟玄関ドア、利便性機能も充実/【各社の主力商品】YKK AP=電気錠一体型玄関ドア「スマートドア」/三協立山・三協アルミ社=玄関ドア「ファノーバ」/三和シヤッター工業=住宅用窓シャッター「マドモアブラインドF」/セイキ販売=断熱ブラインド「ハニカムサーモスクリーン<ライト>/文化シヤッター=住宅用窓シャッター「マドマスターシリーズ」

連載
コラム「ひと」=ケイアイスター不動産総務部総務課の佐藤正樹さん/新たな地域工務店を目指して(44)リフォーム住宅設備協会・山嵜亨/注目の助成金=105(ナビット社長 福井泰代)/ネット追客の成功法=105(㈱追客力代表 曽根田太郎)/木造ハウジングコーディネーター 目指せ!木造住宅のスペシャリスト=96日本木造住宅産業協会)

掲載記事一覧
積水ハウス、生物多様性の評価法を確立=5本の樹計画20年間の実績、鳥2倍・蝶5倍に/一般社団法人「日本ウッドデザイン協会」発足、初代会長に建築家の隈研吾氏/国土強靭化計画に対応、13法人が防災コンソーシアム=来年1月から参加受付開始/阪急阪神不動産、2030年に分譲マンションのZEH化100%目指す/三井不動産、脱炭素にむけた行動計画策定=三井ホームの注文住宅は30年度までに100%ZEH化/旭化成ホームズ、デジタルサービス提供基盤を構築=第1弾サービスは「置き配」を便利に/ミサワホーム、2ヵ所のワークスペースと蔵付き賃貸「ベルリードスキップハイ・ツーワークラボ」=初の3階建て投入で収益性向上/ミサワホーム、UR都市機構・芝山団地(千葉県船橋市)に看取り対応サ高住=住み慣れた場所で安心して最期まで/飯田GHDがロシアで木材加工工場を稼働、年間3万立方メートルを生産/フロンヴィルホームズ名古屋が換気システムで特許取得/ケイアイスター不動産が建築現場向けアプリで管理棟数が30%向上/パナソニックの「帯電微粒子水(ナノイー)」技術、新型コロナウイルスと変異株に抑制効果確認/LIXIL、「PRIDE指標」で5年連続受賞、新設「レインボー」も同時受賞/パラマウント硝子工業、「内装パラダイス」密度10キログラム/立方メートル製品に2仕様を追加/リンナイ、新食洗器「405シリーズ」=「洗浄のみコース」など新仕様/住宅省エネの3省合同会議、低炭素認定にV2Hも、住宅性能表示は等級6・7パブコメへ/国交省、共同住宅の屋外階段崩落事故防止策で、工事監理と完了検査/21年3Qの高度利用地地価動向、国交省調査、上昇が5地区増/感染症後の世界都市総合力ランキング、東京は3位に/国交省、おとり広告禁止の注意喚起で文書通知、不動産事業者関連団体に 他

関連するキーワード

こんな記事も読まれています

最近の紙面

過去の紙面

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)