2020年1月30日(第1981号)/すてきナイスグループが「経営方針発表会」を開催=信頼回復と企業価値向上を目指す | 住宅産業新聞

2020年1月30日(第1981号)/すてきナイスグループが「経営方針発表会」を開催=信頼回復と企業価値向上を目指す

主なトピックス
積水ハウス=セカンドブランド「パルタージュ」立ち上げ、一次取得層の対応強化で受注棟数増へ/オープンハウスによるホーク・ワン子会社化から1年、都心部から準都心部まで相互補完/LIXILグループ、LIXILと合併検討=27日の取締役会で決議、経営効率化と企業価値向上で/国交省、都市計画法を見直し=今国会に法案提出/三協アルミ社、一般地域に高強度カーポート訴求=ポリカ屋根製「スカイリードZ」発売

連載
コラム「ひと」=積水ハウス商品開発部鉄骨商品開発室室長の藤田弘樹さん/これからの木造建築のつくり方=4(株式会社MAKE HOUSE・今吉義隆)/住宅トラブル対応作戦 弁護士・石川利夫 256/船井総研「住宅・不動産 業界成功事例」=9/注目の助成金=42(ナビット社長 福井泰代)/木造ハウジングコーディネーター 目指せ!木造住宅のスペシャリスト=62日本木造住宅産業協会)

住改善キャンペーン
2020年幕開けで~先行指標の受注減、戸建て業界は特に深刻/匿名座談会、2020年市場・政策展望=「当面、需要構造2極化」と

掲載記事一覧
パナLS社・国循など、認知症予備軍を早期に発見=宅内センサーで〝兆し〟察知/YKKAP、事業拡大でエクステリア施工者の育成を強化=施工研修施設を埼玉・上尾に開設/東電EP、AI活用のエネルギー供給=虎ノ門一丁目地区で森ビルと、再規模災害時の電力供給も/ノダ・石巻合板工業、日本向けMDFの安定調達でインドネシアIFI社へ出資/ヤマダホームズ=ネット住宅発売、1坪29万円からの低価格で/プレ協主催「2020環境シンポジウム」=高村東大教授が特別講演、「調達先・販売後も脱炭素に責任を」/パナソニックホームズ=複合施設ブランド第1弾「パトナ吹田健都」竣工、吹田SSTとの相乗効果も期待/すてきナイスグループ、リフォームローン創設へ/全建連「新・ちきゅう住宅」、長期優良住宅に対応/桧家住宅が「smart2」を販売、2つの箱のズレが特徴/七呂建設が宿泊体験、極上の寝心地を追求/クリナップ、セラミックワークトップを中級価格帯システムキッチン「ステディア」にも展開=グレー系コンクリート調カラーを初採用/ノーリツ、仙台市・東北福祉大と「おふろ部」/YKKAP、シャッターと玄関ドアを外出先から操作可能に=HEMS連携で/YKKAP、エクステリアの施工技術研修所開設=「DO SPACE上尾」/大建工業、サイトが初のゴールド賞=CSRコンテンツ充実度の格付け/花粉問題対策事業者協議会、花粉対策セミナー開催=住宅業界との連携「歓迎」と/長府製作所、スマホで給湯器やエアコン操作可能に/5Gの新技術サービス、可能性示す=NTTドコモがイベント開催/東日本レインズ中古戸建流通調査、12月の成約件数9%減/リフォーム評価ナビ、性能向上の情報を拡充/ZEH推進協が2月にシンポ。第三所有モデルも議論 他

人事・機構改革
積水ハウス/積水ハウスノイエ/積水ハウス不動産東京

 関連(広告)

関連するキーワード

最近の紙面

過去の紙面

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)