エースホーム、震災の影響で需要増予想し2世帯住宅を初投入へ | 住宅産業新聞

エースホーム、震災の影響で需要増予想し2世帯住宅を初投入へ

住宅フランチャイズを展開するエースホーム(本社=東京都新宿区、竹田善明社長)は今期、長期優良住宅の認定取得支援サービスの充実や、7月頃に発売予定の二世帯商品の投入などで事業強化を図る。

二世帯住宅の商品化は同社初で、全国販売とする構想。長期優良住宅認定取得支援サービスは商品の長期仕様標準化と共に前期に事業化したもので、2011年3月期の同事業売上高は前期比26倍となり、純増の滞在型スーパーバイザー売上高と合わせて竣工棟数の落ち込みに伴う売上減を補った。4月28日に行った2010年度業績報告会の中で明らかにした。

2011年5月12日付け3面から記事の一部を抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)