【トレンドナビ】三菱地所ホーム×日機装コラボ第2弾=エアロテックに加湿機能追加、深紫外線LEDで水道水を除菌

三菱地所ホーム(東京都港区、加藤博文社長)は、全館空調「エアロテック」に加湿機能を追加した。

医療機器メーカーの日機装(東京都渋谷区、甲斐敏彦社長)が開発した水除菌モジュールの採用で、同社が求める安心・安全な加湿システムを実現した。乾燥しやすい冬季の加湿は、エアロテック利用者からの要望が多い機能のひとつで、1995年の販売開始以来同社は一貫して「加湿は難しい」との説明をしてきた。

しかし、異業種コラボによって課題を解決。全館空調の快適性を向上させた。

エアロテックに連動する加湿システムは、日機装が開発した深紫外線LEDを搭載した水除菌モジュール「パールアクア」を採用した。室内の空気をシステム内に取り込み、除菌した水で湿らせたフィルターを通過させて加湿。加湿した空気はエアロテックで暖房された空気と混ざり、各部屋を適度な湿度に調整する。

同モジュールが水道水を除菌することで、ぬめりの原因となる菌やウイルスなどを除去する。

2022年05月10日付2面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)