土屋ホールディングスが業績予想を下方修正、台風や地震など影響 | 住宅産業新聞

土屋ホールディングスが業績予想を下方修正、台風や地震など影響

土屋ホールディングス(北海道札幌市、土屋昌三社長)は9月28日、2018年10月期通期連結業績予想の下方修正と役員の降格人事を発表した。

業績予想は17年12月の当初発表時から売上高を0・4%減の247億5千万円、営業損益を4億9500万円の赤字(当初発表時は2億3千万円の利益)、経常損益を4億3500万円の赤字(同3億1千万円の利益)、親会社株主に帰属する当期純損益を4億4500万円の赤字(同1億2200万円の利益)へ修正し、業績予想悪化の経営責任を明確化するとして、大吉智浩代表取締役副社長を代表取締役専務に降格した。

2018年10月04日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)