大和ハウス工業、被災OB支援で救援物資=近隣住人にも配布

大和ハウス工業(大阪市北区、芳井敬一社長)は9日、今回の記録的豪雨(平成30年7月豪雨)の被災状況をまとめた。

被災地域には同社が供給した住宅や店舗など約9万1100棟がありオーナーから水漏れや床下浸水などの連絡が入っているという。

ただ、広島県広島市・安芸郡・東広島市・呉市・福山市、岡山県倉敷市真備町など特に被害の大きかったエリアの状況は、まだ把握できていない物件もあり被災の全容はつかめていない。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2018年07月12日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)