マッチングサイト「SuMiKa(スミカ)」、インテリアリノベ市場開拓に注力=高額公募に提案多く

住宅建築マッチングサイト大手「SuMiKa」の事業開始から1年半が過ぎた。月内には米国本社で類似ジャンルの「Houzz」が日本に上陸予定で、今後、住宅建築マッチングビジネスへの関心の高まりが予想される。マッチングの場で事業者は規模や広告費の有無に関係なく、選ばれる機会が得られる。SuMiKaで事業を統括する佐藤純一取締役に、同社事業の現状を聞いた。

――事業の経緯と現状を

2013年6月に会社を設立、14年3月に専用サイト「SuMiKa」を立ち上げ、登録事業者とエンドユーザーのマッチングを本格的に始めた。手掛けている事業は、(1)注文住宅建設や大規模リノベーションなど大規模な施工工事のマッチング(2)中・小規模のリノベーション施工工事のマッチング(3)前述2事業の市場開拓に寄与する関連事業――の主に3分野で、主力は(1)の大規模施工工事のマッチングだ。

2015年04月09日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)