東ガスとパナ、戸建て向けエネファームを30万円値下げ

東京ガスとパナソニックは、戸建て向け家庭用燃料電池「エネファーム」の新商品を共同開発した。価格は、現行品と比べて30万円下げて160万円(税別、設置工事費別、停電時発電継続機能なし)とした。東京ガスが4月1日に発売する。

エネファームは、都市ガスから取り出した水素を空気中の酸素と化学反応させて発電する。発電時に発生する熱も給湯に利用する。電気をつくる場所と使う場所が同じため、送電ロスがない。

新商品は、システムの簡素化などで部品点数を約15%削減。さらに、発電する主要デバイスの構成を見直して価格を30万円下げた。

停電時にもエネファームが発電した電気を使いたいという要望に対応しやすくするため、これまで別付けオプションで提供していた「停電時発電継続機能」を本体に内蔵した機種(価格は167万円・税別)も新たにラインアップ。これにより、停電時でも500W以下の電力を最長約4日間利用することができる。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)