◎BXカネシン、京都大学と共同で開発で木造軸組構法用の制震装置「EQ GUARD(ガード)」=従来品価格比約35%減の制震装置◎ | 住宅産業新聞

◎BXカネシン、京都大学と共同で開発で木造軸組構法用の制震装置「EQ GUARD(ガード)」=従来品価格比約35%減の制震装置◎

BXカネシン(東京都葛飾区、二村一久社長)は3日、京都大学と共同で開発した木造軸組構法用の制震装置「EQ GUARD(ガード)」を発売した。制震システムは鋼板ダンパー部の変形で地震エネルギーを吸収するもので、3DのCG映像により特定の地震波が躯体に与える影響をリアルタイムで視覚化できることが特徴の木造住宅倒壊解析ソフト「wallstat(ウォールスタット)」の対応建材として登録しているため、同ソフトを活用すると設計段階で「EQガード」の効果を確認できる。税別の希望小売価格は同社の既存制震製品「V―RECS(SG)」の約35%減となる1セット7万円に抑え、施工はビス留めのみで「簡易」(BXカネシン)と訴求している。同社の従来の制震装置は制震システムに高減衰ゴムを採用しており鋼板ダンパー製は今回が初めて。

2020年08月20日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)