大東建託がオリジナル宅配ボックスを来年1月から長屋形式住宅に設置

設置イメージ設置イメージ

大東建託(東京都港区、小林克満社長)は2020年1月から、同社オリジナルの玄関隔て一体型宅配ボックス「e―TAKU+」(イータクプラス)の設置を開始する。

同社が建築する建物の約8割は共有の階段や廊下がなく、1階に面するそれぞれの独立した玄関から直接各住戸に入ることができる長屋形式の集合住宅。今回販売する「宅配BOX」は、長屋形式専用となっており、「宅配BOX」以外にも大型郵便に対応した「メール便BOX」と「玄関隔て板」の機能を備えたものになっている。

2019年11月21日付3面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)