大建工業、〝畳おもて〟生産能力を4月以降に5割増

大建工業株式会社(大阪市北区、億田正則社長)はこのほど、機械すき和紙製畳表を生産するグループの会津大建加工(福島県会津若松市、橘豊社長)の第1工場新設と織機の台数増設を行った。

宿泊施設や商業施設などで需要が拡大している同社の商品『ダイケン健やかおもて』の生産体制を強化することが目的。これにより従来の生産能力である月産3万畳を、2019年4月以降に5割増となる4・5万畳へ引き上げる。

2018年12月13日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

特集はこちら

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)