クリナップ、新システムキッチン『ステディア』でデザイン性アピール=新名称で〝違い〟訴求

クリナップ(東京都荒川区、竹内宏社長)は5日、3日発売の中級価格帯システムキッチン『STEDIA(ステディア)』のメディア向け内覧会をキッチンタウン・東京(新宿ショールーム)で行った。

『ステディア』は既存品『クリンレディ』の後継商品として開発された。

『クリンレディ』と比べ、(1)足元収納『フロアコンテナ』の前板をフラット形状に改め扉面材を採用(2)人工大理石ワークトップは〝前垂れ〟を直線で構成すると同時に濃色のラインアップをトレンドのアースカラーに入れ替え――などを実施。

ワークトップのアピール手法も、ステンレスを強調していた従来のあり方から、オープンなLDK空間に合うアースカラーの人工大理石製を前面に出す手法へ切り替えた。

2018年09月13日付3面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)