YKKAP窓事業、2020年度に樹脂と複合で販売全体の各40%目指す

YKKAPは2020年度をメドにAPW事業で販売する窓(ガラス+サッシ)製品のフレーム素材別構成比「樹脂・アルミ+樹脂の複合・アルミ」として『40%・40%・20%』の達成を目指す。

15年度(年度末までの推計値)は20%・30%・50%。15年度の販売は好調な樹脂窓について14年度比70%増を予想している。

樹脂窓好調の理由について同社は、戸建ての省エネ義務化の方向やネット・ゼロ・エネルギーハウスの普及といった市場の追い風のほか、社内で「(寒冷地以外の営業現場で)樹脂(窓を扱うことに対する)アレルギーがこの2~3年でなくなり『樹脂は良い』との認識が浸透したことが大きい」と推測している。

2016年01月01日付11面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)