全宅連「一人暮らしに関する意識調査」、希望家賃4~5万円トップと下方シフト | 住宅産業新聞

全宅連「一人暮らしに関する意識調査」、希望家賃4~5万円トップと下方シフト

全国宅地建物取罷業協会連合会と全国宅地建物取引業保証協会はこのほど、「一人暮らしに関する意識調査」を公表した。それによると、一人暮らしの家賃の希望額で最も多いのは「4~5万円」(37・9%)で、前回(2011年3月)調査と比べて1・5倍も伸びた。前回は、男性でトップだった「5~6万円」が今回2位に下がり、「4~5万円」がトップ。急速に希望家賃の下方シフトが進んでいる。

一人暮らしの部屋の希望タイプで最も多いのは「1DK」(30・8%)が最も多く、「1LDK」(21・9%)、「1K」(21・4%)と続く。男女別でも1DKの人気が高く、年代別でも各年代とも1DKが3割程度で最も多かった。1年前よりも全体的に部屋数を求めない現実的な傾向になっているとした。

2012年4月12日付け8面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)