事業仕分け第2弾後半戦がスタート、省エネ大賞・新エネ大賞は「廃止」 | 住宅産業新聞

事業仕分け第2弾後半戦がスタート、省エネ大賞・新エネ大賞は「廃止」

政府の行政刷新会議は、20日から公益法人など70法人の82事業を対象にした事業仕分け第2弾の後半戦を開始した。(財)省エネルギーセンターが実施している「省エネルギー大賞」と(財)新エネルギー財団の「新エネルギー大賞」については、ともに「廃止」と判定した。

省エネ大賞に関しては、表彰開始から20年以上経過しており、国の税金を投入しての実施は終了すべきと判断し、新エネ大賞もほぼ同様の理由だ。また、各省庁の縦割りを廃し、国家戦略として省エネなどの表彰制度を再構築し、政府全体として見直すべきと主張。そのためにも一度廃止するのが妥当だとした。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)