TOTO、創設25周年を機にギャラリー・間の名称を変更 | 住宅産業新聞

TOTO、創設25周年を機にギャラリー・間の名称を変更

TOTOは、1985年にスタートしたギャラリー・間が今年10月で25周年を迎えるのを機に、名称を『TOTOギャラリー・間』に変更する。また、企画を審議するギャラリー・間運営委員を一新し、25周年記念展「GLOBAL ENDS ― towards the beginning」を11月19日から来年2月26日まで開催する。

ギャラリー・間は、国内外の著名な建築家やデザイナーから活躍が期待される若手まで幅広く、独自性を表現できる個展を中心に、展覧会を開催。25年の間に、累計133回の展覧会を開催し、延べ75万人超の来場者を動員した。

新運営委員は、安藤忠雄氏を特別顧問に招き、岸和郎氏、内藤廣氏、原研哉氏、吉岡徳仁氏の5人を委員とする新体制とした。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)