TOEX=狭小アプローチに門扉提案、後付け対応の新商品も投入 | 住宅産業新聞

TOEX=狭小アプローチに門扉提案、後付け対応の新商品も投入

東洋エクステリア(福田功社長)は3月、都市部の住宅など、アプローチから玄関までの空間が狭いために門扉を設置できなかったユーザーをターゲットにした商品群を投入する。

玄関前のポーチやアプローチ段差部分でも門扉が設置できる商品や、アフターセット(後付け施工)向け商品を開発。設置可能エリアを広げて、スペースや施工費などの要因で門扉設置を諦めていたユーザーのニーズに応える。新商品群の投入で、都市型狭小住宅の増加やオープン外構の台頭などによる門扉の売上減少に歯止めをかけ、門扉事業で売上高180億円を目指す。

2011年2月9日付け6面から抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)