永大産業、『スキスム』10月に新商材=月間3億円の売り上げ増へ | 住宅産業新聞

永大産業、『スキスム』10月に新商材=月間3億円の売り上げ増へ

永大産業(大阪市住之江区、大道正人社長)は8日、新ブランド『Skism(スキスム)』を10月22日から展開すると発表した。

スキスムは商材単体のブランドや名称ではなく、同社の各商材を組み合わせて実現する空間スタイル群のブランド名称。8日までに既存商材の取り扱いとして、スキスムと、スキスムに含まない基幹商材とにジャンルを選別、同日から事業者とエンドユーザーに向けスキスムの訴求を始めた。

10月22日にスキスムブランド専用に開発した商材の第1弾を発売する。同社ではスキスム立ち上げと、それに伴う一連の販促施策の実行により、1年後に月間で3億円の売上増を目指すとしている。

2018年08月23日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)