TOTO、主な『洗浄エンジン』2018年度までに世界で共通化 | 住宅産業新聞

TOTO、主な『洗浄エンジン』2018年度までに世界で共通化

TOTOは日本を含む世界全体で『洗浄エンジン』の共通化を本格化する。『洗浄エンジン』とは、トイレの大便器を構成するボウル状の便鉢と排水管手前までのトラップを合わせた部分を指す同社の呼称で、汚物受け止めと水流による汚物の排出および便鉢の洗浄機能を有する、大便器の根幹部分。新たなトイレ商品を出すごとに『洗浄エンジン』を開発する場合と比べ、商品実用化までのリードタイムを短縮できるほか、開発費の集中投資で開発工程の質を高められるメリットがあるとしている。開発拠点を日本に一元化し、全世界に供給する洗浄エンジンを幾つかのタイプに絞り込みプラットフォーム化。2018年度までに主力タイプの『洗浄エンジン』で共通化の取り組みを達成する方針だ。

2017年01月12日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)