2020年7月9日(第2002号)/スマートホーム、日本市場で普及目指す=リビングテック協会を設立 | 住宅産業新聞

2020年7月9日(第2002号)/スマートホーム、日本市場で普及目指す=リビングテック協会を設立

主なトピックス
パナソニックホームズ、地震保証付き住宅が好調=「倒壊ゼロ」の実績を自信に、累計3ヵ月で受注1千棟超/中央住宅「ハナミズキ春日部・藤塚」、市民農園利用権付き分譲地=全棟200平方㍍超の敷地面積/大建工業、「ねこ向け建材」拡充=販売数量は右肩上がり、新製品「ねこルート」など4種類/国交省、住宅広告表示に性能表示=制度導入を議論始める/新設住宅着工都道府県一覧表(5月分)

連載
コラム「ひと」=YKKAP広報室報道グループの浅見周司さん/注目の助成金=59(ナビット社長 福井泰代)/これからの木造建築のつくり方=25(株式会社MAKE HOUSE・今吉義隆)/住宅トラブル対応作戦 弁護士・石川利夫=276

掲載記事一覧
YKKAP、国内4月・5月売上高は20%減=6月は回復へ、事業「換気」にも対応/三井ホームが新ブランド始動、「憧れを、かたち。」=〝経年優化〟の思想で業容拡大/パナソニック、顔認証やセンシングで新事業=「現場センシングソリューション」、感染拡大で「非接触へ期待」と/長谷工コーポレーション、マンションの外壁タイル検査を複合現実の活用で省力化/旭化成ホームズ・くらしのベーション研究所、在宅ワークで夕食が57分早まる=子どもの生活リズムが軸に、新たな暮らし方提案に/三井不動産、デザイン・リフォーム子会社を統合=グループシナジー強化/サンヨーホームズ、階段の踊り場に仕事場=仕事と家族の見守り両立/2×4協会が20年度総会を開催、新築シェアは12%に/リクルート住まいカンパニーがコロナ禍での住宅購入調査、住まい探しに「影響なし」/ケイアイスター不動産の子会社が不動産・建築業界に特化した人材派遣建築事業をスタート/5月の木造軸組住宅着工が17・4%減に/永大産業、対面プラン充実の普及帯システムキッチン新製品=「ラポッテ」、〝差別化〟アピール/関東住設産業が事業開始、ノーリツからの事業譲渡が完了=永大産業のシステムキッチン「ラポッテ」など製造/ミズタニバルブ工業、水栓柱とハイポジションPANの「小庭リウム」発売=PANと地面の間に植栽が可能/ノーリツ「おそうじ浴槽」がBL優良住宅部品認定第1号/ケイミュー、柱・梁でも1時間耐火構造認定=「KMEW耐火シート」、外壁1時間耐火との併用で省施工/ジャパンホームシールド、基礎と杭工事の設計システム「B―STRⅡ」が特許取得/ダイキン工業が夏季室内の快適性・疲労改善を研究、暑い環境は湿度下げれば疲労軽減=「調湿機能付きエアコンなど活用を」と/TOTO、アプリでシステムバスを操作=9月に遠隔操作システム「つながる快適セット」を発売/立川ブラインド工業、新型コロナウイルス感染症の飛沫感染防止対策で「透明ロールスクリーン」/工期WG、基準まとめ=中央建設審議会に報告へ/建築センター、ICT環境整備=ニューノーマル構築目指す/国税庁発表、20年分路線価=5年連続上昇も見直し可能性示す/7月の住宅ローン金利 他

決算
ポラスグループ20年3月期連結

人事・機構改革
ミサワホーム/三井ホーム/デザインアーク

訃報
小林 敏宏・パロマ元会長、社長

 関連(広告)

関連するキーワード

最近の紙面

過去の紙面

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)