日本オーガニックアーキテクチャー、Fロイド・ライトの建築思想反映「オーガニックハウス」の加盟事業者拡大目指す

フランク・ロイド・ライトの建築思想に基づく住宅「オーガニックハウス」のデザイン設計サポートを行う日本オーガニックアーキテクチャー(愛知県名古屋市、平松義久社長)は2年後をメドに、サブライセンス契約加盟事業者を現状比6割増の80社、同事業者運営の展示場を同7割弱増の100展示場に拡大することを目指す。

オーガニックハウスは世代を超えて住み継がれる家をコンセプトに、有機的建築を志したロイドの建築思想を反映。内外観の特徴として線と幾何学模様をアクセントに使った高級感のあるデザイン、戸外と一体化したような感覚を生む開放感のある間取りがある。

オーガニックハウスブランドとしてラインアップするデザインで建築する際、工法や使用部資材の制約はない。同社では「技術力・施工力を持つ工務店の差別化を支援できる」としている。

2014年2月13日付け3面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)