ミサワ”住み開く家”テーマに、完全分離型多世帯住宅

ミサワホームは、木質系戸建住宅『GENIUS GATE(ジニアス・ゲート)』を発売した。同社初の完全分離型の多世帯・多世代住宅で、”住み開く家”をメーンコンセプトに、世代を超えて住み継がれる工夫を盛り込んだ。

可変性が高いシステムフリー設計で、賃貸併用の資産活用住宅への転用も可能。今年度グッドデザイン賞を受賞するとともに、「グッドデザイン・ベスト100」にも選定されている。

ジニアス・ゲートは、2階建てと2階建ての「蔵」、3階建ての3タイプ。比較的敷地面積に余裕のある都市近郊及び地方都市向けに展開する。プロト仕様とアドバンス仕様合計で推奨18プラン(多雪・反転両プラン含む)を用意した。

2013年10月10日付け2面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)