大和ハウス、総合技術研究所敷地に賃貸住宅の体験館併設 | 住宅産業新聞

大和ハウス、総合技術研究所敷地に賃貸住宅の体験館併設

大和ハウス工業は、賃貸住宅の体験館『D-roomプラザ』を、総合技術研究所(奈良県奈良市)にオープンさせた。土地オーナーが賃貸住宅を建設する際に重視する(1)防犯(2)地震(3)遮音(4)仕様──を確認・体験できるのが特徴だ。既築オーナーや建設予定のある土地所有者に加え、取引のある不動産会社や金融機関、税理士、JAなどの担当者を対象に、年間5千人の来場を見込んでいる。

D-roomプラザは、鉄骨造2階建てで延べ床面積は935・94平方メートル。1階に573・61平方メートルの展示スペースを備えた。

2012年8月9日付け2面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)