福井コンピュータ、7月に土地家屋調査士事務支援システム「TREND REGIC」発売 | 住宅産業新聞

福井コンピュータ、7月に土地家屋調査士事務支援システム「TREND REGIC」発売

福井コンピュータ(本社=福井県福井市、小林眞社長)は7月、不動産表示登記のオンライン申請対応から、事件管理や顧客管理などの事務支援対応まで、土地家屋調査士業務全般をワンパッケージで対応可能な土地家屋調査士事務支援システム「TREND REGIC」を発売する。
福井コンピュータでは「TREND REGIC」について、同製品を利用することにより、成果書類作成などで一度入力したデータを各書類作成時の基本データとして反映させるため、書類ごとにデータ入力を行う手間が省け成果書類チェックの労力が軽減できるなど、調査士業務の効率化・省力化を実現できると説明している。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)