桧家住宅が「smart2」を販売、2つの箱のズレが特徴 | 住宅産業新聞

桧家住宅が「smart2」を販売、2つの箱のズレが特徴

東松山展示場のモデル棟東松山展示場のモデル棟

ヒノキヤグループの桧家住宅(東京都文京区、荒井孝子社長)は、企画住宅「smart2」の販売を今月から順次開始している。同商品は、同社と多くの住宅設計を手掛けた建築家夫妻である粕谷淳司氏と粕谷奈緒子氏が開発したもの。

同商品の特徴は、2つの箱の「ズレ」。

日本建築の伝統的な「雁行配置」という手法を用いて、シンプルな箱を組み合わせることで、斜め方向に広がる室内空間を生み出すことを可能とする。また、2つの箱のズレは対角に空間を生み出すため、駐車スペースと庭といった敷地を無駄なく活用ができる。

2020年01月30日付3面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)