9月末の市街地価格指数、全国住宅地の下落率縮小、三大都市圏の最高価格地が5年半ぶりすべて上昇 | 住宅産業新聞

9月末の市街地価格指数、全国住宅地の下落率縮小、三大都市圏の最高価格地が5年半ぶりすべて上昇

一般財団法人日本不動産研究所は11月27日、2013年9月末時点の市街地価格指数を公表した。

それによると、2000年3月末を100とした地価指数は、5年半ぶりに東京圏、大阪圏、名古屋圏のすべての最高価格地において前期比(半年間の変動率)で上昇した。日銀の金融緩和の影響を強く反映する不動産投資市場で物件取得意欲がさらに活性化。特に、投資適格物件が多く立地する三大都市圏では地価上昇傾向がみられるとともに、仙台市や福岡市といった政令指定都市で住宅地の地価が上昇や下げ止まりとなる地点が多くみられた。

ただ、同研究所は投資物件ではない実需の部分は盛り上がりはみられず、投資対象物件が少ない地方都市で地価が弱含みの動きが継続していると分析した。

2013年12月5日付け6面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)