沖縄の戸建住宅が木造シェア4割に、糸満市「しおざきタウン」〝木造戸建て〟続々と=YKKAP堀社長「市場かわってきた」と

「沖縄の戸建てはRCとのイメージだったが、2011年ごろから木造が伸びはじめ今やシェアは4割、戸数は1990年の6・6倍。市場が変わってきたと認識している」――。YKKAP(東京都千代田区)の堀秀充社長は沖縄をメーンターゲットに開発したアルミ樹脂複合窓の新商品「エピソードNEO―R」の発表会でこう述べ、新商品開発の背景を説明した。沖縄で何が起きているのか。沖縄県糸満市内の宅地分譲地「しおざきタウン」を取材した。

2019年08月01日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)