クボタ浄化槽システム、合併処理浄化槽の施工とメンテ性を向上

省スペース設計による業界最小サイズ省スペース設計による業界最小サイズ

クボタ浄化槽システム(兵庫県尼崎市、萬仁志社長)は、施工性・メンテナンス性を大幅に向上させた小型合併処理浄化槽『KZ2.型』3タイプ(5・7・10人槽)を発売した。

3タイプすべてで、流入と放流の管底差ゼロを実現。さらに、5人槽(KZ2-5)と7人槽(同7)の両タイプは、省スペース設計による業界最小サイズであり、戸建てなど住宅用の新規設置に加え、既存の単独処理浄化槽からの転換需要にも対応しやすくなっている。

また、旧型のKZ型の内部構造を見直し、メンテナンス性を向上させたのも特徴だ。

2019年02月28日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)