2021年1月21日(第2027号)/戸建住宅大手受注、回復基調も先行きに警戒感=コロナ禍再拡大で悪化懸念 | 住宅産業新聞

2021年1月21日(第2027号)/戸建住宅大手受注、回復基調も先行きに警戒感=コロナ禍再拡大で悪化懸念

主なトピックス
ミサワ、ニューノーマル対応戸建ての第3弾「スマートブランドWS」/ホームプロのリフォーム案件数、6月以降は回復基調に=加盟店の工夫もあって満足度も維持/タカラスタンダード、ホーロー浴室壁パネルに新柄=WEBシミュレーションも/サ高住、補助限度額引き上げ=21年度のスマートウェルネス住宅推進事業、IoT導入にも補助、介護人材不足に対応/iYeLL、「住宅ローンデスク」でヤマダホームズと提携

連載
コラム「ひと」=タカラスタンダード研究開発本部開発部課長の三田村宏さん/【新連載】新たな地域工務店を目指して(3)リフォーム住宅設備協会代表理事・山嵜亨/住宅トラブル対応作戦 弁護士・石川利夫 298/注目の助成金=75(ナビット社長 福井泰代)/木造ハウジングコーディネーター 目指せ!木造住宅のスペシャリスト=81(日本木造住宅産業協会)

掲載記事一覧
LIXIL調査、新しい習慣1位「帰宅したら消毒」=リフォームしたい1位「リビング」、実際とはギャップ/主要住宅企業11社の2020年12月受注速報、7社中6社2ケタ増/TOTO、身体機能センシングのウォシュレット開発へ=日々の健康の維持・増進でデータ把握、「CES2021」でコンセプト表明/日鉄興和不動産、快適な在宅勤務へ「リモタス」導入=分譲マンションシリーズ「LIVIO(リビオ)」の物件に順次/2020年12月の受注詳報、全般的にはプラス基調/東急Re・デザインがリフォーム用耐力壁、一般の2倍の性能/東京建物と東京ガス、物流施設にPVで電力融通協定/東京建物横浜市に新物流施設、横浜のポテンシャル生かす/大和ハウス、大阪のIoT+ZEHマンション2月販売開始/木住協が木造ハウジングコーディネーター試験で表彰式、コロナ禍で試験方式を変更/ケイアイスター不動産がプレストホームを連結子会社化/フィアスホームがホームベースとFC加盟契約を締結/フィナンシャルドゥが楽天銀行と提携、債務保証業務開始/アステック、バスルームで隈研吾氏とコラボ=「WABURO KUMA」リリース/大建工業、農業・園芸資材分野に新規参入=木質培地「グロウアース」提案開始/ノーリツ、「見まもり」外出先からも=ガスふろ給湯器GT-C2462シリーズ、入浴状況を遠隔で確認/住設・建材大手の年頭所感(終)=永大産業の枝園統博社長、TOTOの清田徳明社長、ノーリツの腹巻知社長/日銀各支店の経済報告=住宅投資「弱い動き」/東日本レインズ調べ、中古戸建成約9・3%増、新規登録件数は23・6%減=戸建て需要伸びる/建築士法の設計受託契約、IT重説を本格運用開始/サステナブル建築物事業、採択事業の調査結果=床下空調で18℃以上を確保/マンション管理業協会、評価制度普及に注力、保険料率改定も推進/立川ブラインド工業、アコーデオンカーテン刷新=「コロナ禍で需要高まる」と/大建工業が岡山大と連携協定、抗ウイルス性能評価手法確立の取り組みも/コクヨ、レポート「ポストパンデミックの仕事観」公開=コロナ感染拡大が与えた影響を6千人対象に調査/ベターリビング、優良住宅部品の認定基準「サッシ」など4品目改正/文化シヤッター、独禁法違反で建具工事営業を停止 他

決算
タマホーム21年5月第2四半期期連結/三協立山21年5月期第2四半期

 関連(広告)

関連するキーワード

最近の紙面

過去の紙面

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)