ハイムGの住環境研が同居・二世帯光熱費調査、事前の話し合い重要に | 住宅産業新聞

ハイムGの住環境研が同居・二世帯光熱費調査、事前の話し合い重要に

同居・二世帯の住まいづくりで、電気代に代表される光熱費の家計負担について、事前に親子の両世帯で話をしておくことが、高い暮らし満足度に–。積水化学工業住宅カンパニーの調査研究機関である住環境研究所(JKK)がまとめた『同居・二世帯の住まいづくりと家計』調査で、経年による家族変化に伴い、分担から子世帯単独の負担となる可能性を指摘。その上で、あらかじめ光熱費のかからない住まいづくりも必要とした。

2013年7月11日付け2面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)