エースホームがデザインを強化した平屋建て商品「DESIGNED FLAT HOUSE」、資料請求が4割超に=契約棟数の2割が平屋に

エースホーム(東京都新宿区、榎本彰社長)では、デザイン力を強化した平屋建て商品「DESIGNED FLAT HOUSE」が好調に推移している。

2020年11月の販売開始から、同社ブランドサイトから行われる資料請求では現在も平屋建て住宅が4割超を占めており、契約棟数も2割を超える数字を記録している。

同社では2階建てを平屋建てにアレンジすることによって「平屋建てのデザインに不満を持つ購入検討者のニーズに応えることで、感度の高いお客さまにうまくフィットできた」(企画開発本部・高梨英明部長)とみており、今後も新商品を提案する際は平屋建ても含めた展開する考えだ。

同社が平屋商品の販売を開始したのは03年1月、第1弾となったのは「ゼストプレミア」だった。当時、住宅メーカーの多くが「平屋=シルバー世代向け」という考えだったが、「子育て世代にとっても平屋建てのニーズがあるはず」(高梨部長)という仮説からスタートしている。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年01月18日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)