記事の分類: 住宅・工務店

ケイアイスター不動産22年3月期連結決算、売上高および経常・営業利益が過去最高を更新

ケイアイスター不動産(埼玉県本庄市、塙圭二社長)の2022年3月期連結決算は、売上高1843億8800万円(前期比18・4%増)、営業利益236億5900万円(...

大和ハウス工業22年3月期決算=2期ぶり増収増益、北米事業が好調

大和ハウス工業(大阪市北区、芳井敬一社長)が13日に発表した2022年3月期の連結業績は、売上高4兆4395億3600万円(対前期比7・6%増)、営業利益38...

野村不動産、分譲戸建てにPV搭載=首都圏300戸、1千㌔㍗創エネ

野村不動産(東京都新宿区、松尾大作社長)は18日、首都圏を中心に展開する分譲戸建住宅「プラウドシーズン」に東京電力エナジーパートナー(東京都中央区、秋本展秀社...

旭化成ホームズ22年3月期決算=海外成長で過去最高業績=国内住宅は高付加価値化が業績貢献

旭化成ホームズ(東京都千代田区、川畑文俊社長)は16日、2022年3月期の決算発表会を開催した。海外事業の大幅な増収増益が連結業績に貢献し、売上高は7865億...

大和ハウス工業・第7次中期経営計画を発表、2026年度に海外売上高1兆円へ=資材高騰リスク、集中購買で回避

大和ハウス工業(大阪市北区、芳井敬一社長)は17日、記者会見を開催し、第7次中期経営計画で5年後の2026年度に売上高5兆5千億円(対21年度比23・9%増)...

ケイアイスター不動産「Komichi no 小町 古河市下辺見6期・7期」、「街育」をコンセプトに差別化図る=小路活用で住民の交流を促進

ケイアイスター不動産(埼玉県本庄市、塙圭二社長)が2021年4月から茨城県古河市内で展開していた分譲住宅地「Komichi no 小町 古河市下辺見6期・7期...

ナイス22年3月期連結決算、木材の売上が大幅伸長

ナイス(横浜市鶴見区、杉田理之社長)は11日、2022年3月期連結決算を発表した。 それによると、売上高2295億1400万円(前期比7・2%増)、営業利...

WAKUWAKUとソラリスがブランドパートナー契約を締結、介護事業からリノベに参入

「中古仲介+リノベーション」のワンストップサービスである「リノベ不動産」を運営している不動産テック企業のWAKUWAKU(東京都目黒区、鎌田友和社長)は、老人...

旭化成ホームズ、新構法採用の戸建住宅新商品「ラティウスRD」=2階部分は自由度高い大空間を実現

旭化成ホームズ(東京都千代田区、川畑文俊社長)は、創業50周年記念商品「ヘーベルハウス ラティウスRD」を4月28日に発売した。新構造を採用し、2階部分は柱と...

積水化学住宅Cの22年3月期通期業績、売上高は過去最高を更新=部材価格高騰も増益を確保

積水化学工業(東京都港区、加藤敬太社長)は4月27日、2022年3月期通期の連結業績を発表した。このうち、住宅カンパニーの業績は、売上高5151億9100万円...

エースホーム「SLIT STONE Style」、新デザインを追加販売=資材の高騰で住宅購入を回避する層に対応

エースホーム(東京都新宿区、榎本彰社長)は4月28日、2021年4月から提供を開始した「ACEHOME DESIGNED COZY HOUSE」にミニマルであ...

三井ホーム、水平・垂直を強調した新商品「IZM」=多彩な半屋外空間「ラナイ」を提案

三井ホーム(東京都新宿区、池田明社長)は、ZEH水準の断熱性・省エネ性能を備えたプレミアム・モノコック構法の新商品「IZM(イズム)」を4月28日に発売した。...

こんな記事も読まれています

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)