蓄電池 | 住宅産業新聞 | Page 15

キーワード: 蓄電池

積水ハウスが蓄電池住宅初の標準化、太陽光と燃料電池連動で

積水ハウスは、蓄電池を標準搭載して従来の太陽電池・燃料電池に加えた3電池を連動させる戸建住宅『グリーンファースト・ハイブリッド』を、世界で初めて商品化した。快適性と経済性を両立させた「街の発電所」(阿部俊則社長)と位置づける。 蓄電は大容量の鉛蓄電池で行い、震災などの非常用...続きを読む

積水ハウスと日産、EVから住宅へ給電、横浜「観環居」で公開

積水ハウスは、日産自動車と共同で電気自動車(EV)「日産リーフ」を蓄電池に、一般住宅へ電力を供給するシステム「LEAF to Home(リーフ・トゥ・ホーム)」を公開した。低炭素社会実現を目指した実証住宅『観環居』(横浜市西区みなとみらい)の第2ステージの一環。公開にあたって、...続きを読む

セキスイハイム、「蓄電」住宅で実証実験、将来のエネルギー自給も視野に

積水化学工業住宅カンパニーは、蓄電池付ソーラー住宅の実証実験をスタートさせる。独自のコミュニケーション型のHEMS『スマートハイム・ナビ』と太陽光発電システム、蓄電池の組み合わせで、エネルギーの「見える化」のほか、ピークカットや将来の自給自足の手法を検証する。東京や東北など電力...続きを読む

積水化学、12年度にも蓄電池仕様住宅商品化へ

積水化学工業の高下貞二住宅カンパニープレジデント(取締役専務執行役員)は、「2012年度をメドに、蓄電池標準搭載住宅の商品化を目指したい」との方針を明らかにした。29日から販売するHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)を標準仕様とした『スマートハイム』に続くもの...続きを読む

積水ハウスと大阪ガスが実証住宅でHEMS効果を検証

2015年の住宅を想定した、積水ハウスと大阪ガスの実験住宅『スマートエネルギーハウス』。大阪ガスの社員とその家族が今後3年かけて居住し、実居住環境下での省エネ効果及び快適性と利便性を検証する。特に「HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)」による、省エネ行動の検証...続きを読む

大和ハウス、20年度にエネルギー自給住宅開発へ

大和ハウス工業は23日、新たに「Smart xevo Eco Project(スマート・ジーヴォ・エコ・プロジェクト」をスタートさせたと発表した。 2020年度をメドに『エネルギー自給住宅』を商品化するもので、その第1弾として家庭用リチウムイオン蓄電池搭載住宅「SMA×Ec...続きを読む

三洋ホームズ、蓄電システム搭載の戸建て商品化

三洋ホームズは、新たに「蓄電システム」を搭載した戸建住宅を商品化した。同社独自の太陽熱連携ヒートポンプ給湯器と太陽光発電システムを組み合わせた『太陽の恵み』の追加アイテムとなるものだ。直流機器との組み合わせで、一層の省エネや省CO2推進も可能となる。「エコでセーフティ」な住宅とし...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)