キーワード: 金物

BXカネシン、ベースセッターが枠組壁工法にも対応

BXカネシン(東京都葛飾区、二村一久社長)は1日、450ミリ幅の狭小耐力壁の設置を可能にする柱脚金物「ベースセッター」のラインアップとして、従来の木造軸組住宅用以外に、新たに枠組壁工法用を品揃えした。同日付でハウスプラス確認検査の評価を取得したことで、運用を始めた。 ベース...続きを読む

BXカネシンが「ベースセッター」の施工事例見学会=限られた間口を有効活用

BXカネシン(東京都葛飾区、二村一久社長)は8日、同社が昨年4月に発売した柱脚金物『ベースセッター』を採用した田中工務店(東京都江戸川区、田中健司社長)のベースセッター施工物件見学会を行った。田中工務店は都内荒川区で建築中の木造3階建て住宅の1階部にベースセッターを5セット使用...続きを読む

ライフデザイン・カバヤのCLTによるFC展開、21年度までに50社加盟目指す

岡山県と広島県東部を販売エリアとする住宅メーカーのライフデザイン・カバヤ(岡山市北区、野津基弘社長)は、「LC―core構法」(オリジナルCLTコア構法)を普及するために全国フランチャイズ(FC)ネットワーク本部である「日本CLT技術研究所」において2018年4月から加盟店の募集...続きを読む

BXカネシン、耐力壁柱用柱脚金物『ベースセッター』の訴求を強化

BXカネシン(東京都葛飾区、二村一久社長)は4月発売の耐力壁柱用柱脚金物『ベースセッター』の訴求を強める。 『ベースセッター』の特徴は、(1)基礎と450ミリ幅の平角柱を結合させることで狭小耐力壁を実現(2)地震時に平角柱にかかる圧縮と引張の抵抗を吸収する機構を採用――...続きを読む

【トップに聞く】ウッドステーション代表取締役社長の塩地博文氏、〝サテライト工場〟」新設し『大型パネル』全国に供給

三菱商事建材の商材『大型パネル』の製造受託会社として4月2日に発足したウッドステーション(千葉市美浜区、塩地博文社長)は、現在5拠点ある『大型パネル』の生産工場(所在地は北海道、群馬県、愛知県、岡山県、福岡県)を〝マザー工場〟と位置付け、今後これらの地域以外の空白エリアで生産連...続きを読む

木軸住宅の倒壊解析ソフト『ウォールスタット』に制震検証機能

全文公開中
倒壊シミュレーション過程 2018年1月下旬、木造軸組構法住宅の倒壊解析ソフト『wallstat(ウォールスタット)』に制震装置取付け後の検証ができる『バージョン4』が追加される。 『ウォールスタット』は国土交通省の研究機関である国土技術政策総合研究所(国総研)の主任研究官・中川貴文氏が開発したもの...続きを読む

ライフデザイン・カバヤが来春にCLTでFC展開

岡山県と広島県東部を販売エリアとする住宅メーカーのライフデザイン・カバヤ(岡山市北区、野津基弘社長)は、来春をメドに同社オリジナルの「LC―core構法」(CLTコア構法)による全国フランチャイズ(FC)展開を目指している。同社ではCLT工法の普及における課題の一つだったCLT...続きを読む

『DIT制震筋かい金物』『ダンパー式』の半額以下で揺れ軽減=第一工業大・古田教授開発、BXカネシン全国販売

大手金物メーカーのBXカネシン(東京都葛飾区、二村一久社長)は10月2日、木造軸組構法住宅用の『DIT制震筋かい金物』を発売した。『DIT制震筋かい金物』は筋かい金物の機能と制震機能を併せ持つもので第一工業大学と横浜国立大学の関係者が開発、BXカネシンが開発に協力した。適切数取...続きを読む

住友林業の住宅改修用に新耐力パネル、住林ホームテック

住友林業ホームテックは6月30日、住友ゴム工業、住友林業筑波研究所とともに共同開発した「特殊金物付き耐久パネル」が日本建築防災協会の防災技術評価認定を取得したと発表した。同パネルは、耐力壁でありながら、地震エネルギーを吸収する性能を持っているのが特徴で、耐震性と制震性を実現する...続きを読む

【トップに聞く】ヘティヒ・ジャパン代表取締役社長のマーティン・ブリックマン氏、「キッチンの価値高める金具供給」

ドイツに本社を構える家具金物メーカーのヘティヒは、日本向けの製品供給を本格化させるために1991年にヘティヒ・ジャパンを設立した。ヘティヒ・ジャパンでは、閉める際に一定の距離からは手を離しても自動で扉や戸が引き込まれ、「バタン」といった不快音を出さないダンパー内蔵の丁番や引戸金...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)