ヒノキヤグループ | 住宅産業新聞 | Page 2

キーワード: ヒノキヤグループ

ヒノキヤグループが岡山県で初のモデルハウス、アクティブガレージを提

ヒノキヤグループ(東京都千代田区、近藤昭社長)のFC加盟店であるウッズカンパニー(鳥取県倉吉市、谷本弘樹社長)は13日、桧家住宅ブランドとして岡山県初のデルハウスを「岡山住宅展示場」(岡山市南区)にオープンした。ウッズカンパニーは2017年7月にFCに加盟。今年6月には、「鳥取...続きを読む

ヒノキヤグループが11月からZ空調を外販

ヒノキヤグループ(東京都千代田区、近藤昭社長)は8月31日、オリジナル冷暖システム「Z空調」を11月から全国の工務店向けに販売することを発表した。同システムは2016年12月に販売を開始。これまで桧家住宅、レスコハウス、パパまるハウス、フランチャイズ店などの累計搭載数は4626...続きを読む

ヒノキヤグループ、横浜と三鷹に展示場

ヒノキヤグループ(東京都千代田区、近藤昭社長)では、子会社2社が横浜展示場(横浜市西区)と三鷹展示場(東京都三鷹市)を相次いで新規オープンさせた。 4日にはレスコハウスが横浜展示場を開設。1階部分を強度の高いWPC工法(ウォール・プレキャスト・コンクリートパネル)として...続きを読む

日本アクアの発泡断熱材「アクアフォーム」、防火・準耐火で大臣認定の取得目指す

ヒノキヤグループ(近藤昭社長)の連結子会社である日本アクア(東京都港区、中村文隆社長)は水を含むポリオール成分とイソシアート成分を混合させることで発生する炭酸ガスを発泡剤として使用する発泡断熱材「アクアフォーム」を販売・施工している。 国内5ヵ所の委託製造工場を活用して...続きを読む

ヒノキヤグループ、新中計で売上高2千億円目指す=販売棟数は年率10%増

ヒノキヤグループ(東京都千代田区、近藤昭社長)は4日、2022年12月期を最終年度とする中期5ヵ年計画「NEXT STAGE2022」を発表した。計画によると22年12月期において売上高2千億円、営業利益150億円を目指していく。...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)